狭い部屋を有効活用!今人気のロフトベッドの選び方

部屋は狭いけどベッドを置きたい! そんな方におすすめのロフトベッド。買う時のポイントや買い替えで不用になった古いベッドの処分法などをまとめてみました。

ロフトベッドが人気

狭い部屋に置くのに人気のロフトベッド。ワンルームに暮らす人、持ち物がどんどん増える学生や子供部屋用に人気です。

ベッドにあがるための梯子や階段などがついていて、 狭い空間を効率的に使えるので、一人暮らしのワンルームマンション・アパートや子供部屋などに最適なベッドです。
また、最近ではロフトベッドのデザインもおしゃれになってきて、見た目の良さを整えるということにおいて、単に整理整頓できる以上のメリットもあっておすすめですよ。

ロフトベッドのメリットって?

  • 部屋の使える面積が増える
  • 大型の家具を置くことが出来る
  • 「寝ること」と「生活すること」を分けることが出来る

ロフトベッドのデメリットは?

便利なロフトベッドですが、デメリットもあります。引っ越しや古くなったベッドの買換えなどの際に、処分しなければなりません。しかし、いざ捨てるとなると大きいだけに大変ですよね。処分方法は色々あるようですが、最も安心なのは自治体の粗大ゴミのようです。

捨てる時に家の外に運び出すのは大変ですが、あらかじめ値段も決まっていて、安心して処分できるのが自治体の粗大ごみとして出す方法です。自治体が粗大ごみを回収する日は、月に数日と日にちが決まっていますので、引っ越しをひかえている時には引っ越す前に出せるよう調べておくことが必要です。

粗大ごみを処分するときは、まずは出したいものが粗大ごみの対象であるかどうかを確認しましょう。自治体のホームページや、電話で確認できます。出すことができるものであれば、自治体の粗大ごみ回収窓口に電話かメールで連絡し、回収を依頼します。

選ぶ時のポイント3つ

  • ロフトベッドの購入理由と用途を確認
  • 事前に設置する部屋のサイズを測る
  • ベッド下に何を置くのかを決める

部屋の広さを確認しましょう

まずはじめは、部屋の採寸です。いくらイメージの中でロフトベッドの配置が決まっていても、サイズが合わないとその通りには置けませんからね。部屋の縦・横の長さと、高さを測りましょう。窓や扉、梁や柱があればその出っ張り、あと吊り下げ照明やエアコンの位置関係もすべて測ります。開き戸の可動域やコンセントの位置も、忘れずに

次は家具やカーテンの採寸です。特にカーテンは縦横だけではなく「厚み」もあるので、忘れずに採寸してください。あとロフトベッドを置く場所に、吊り下げ照明やエアコンの吹き出す風が直接当たらないか、このあたりもしっかり確認してください。

ロフトベッドの仮寸法は以下のようになるので参考にしてください。
・ロフトベッド 寝床高さ約145(±5) 長さ約210 幅約105cm
・ミドルベッド 寝床高さ約95(±5)  長さ約210 幅約105cm

Comments

mood_bad
  • まだ口コミはありません
  • Add a comment