海外でアパートを探す時に注意するコト19個

海外でアパートを見つけることは、とても難しくなる可能性があります。今回は新しい物件を見つけるために気をつけるべきポイント19個をまとめましたのでご参考にしていただければと思います。

適切な時期を見極める

1.特に需要の高い都市に引っ越す場合は、入居予定日の数ヶ月前にアパート探しを始めましょう。住みたいと思った物件も数ヵ月後には取られてしまう可能性があります。

2.競争を避けるために、同じ感覚で、より低コストでより多くの可用性を備えた都市の郊外の場所を探すことを検討してください。

エージェントと協力する

3..アパートの仲介業者と協力してみてください。ネットである程度情報を集めた上で、不動産業者に行くとスムーズです。

4.上記のエージェントと一緒に探してパットしない場合は、次のエージェントにお願いすることも大事です。そのタイミングの見極めも大事です。

こだわりが何かを確認します

5.ネットでの口コミを確認したり、家主とのコミュニケーションに問題がないかを確認します。少しでも気になる部分があれば避けるのも手です。

6.壁のペンキの欠けや、蛇口の漏れなどがある場合はその場で変更したり修理してもらえるかどうかを確認しましょう。

7.契約期間を確認します。中には2年縛りの物件などもあるので、短期滞在の場合は契約期間的に問題ないかを確認します。

8.エリア内の似ているアパートを比較します。

9.アパートについて細かい部分を確認します。シャワーの水圧が弱い、窓が壊れている、床が腐っているなど問題がないかを確認します。

急に引っ越すことになった場合

10.焦る必要はありません。みなさんにマッチする物件はたくさんあります。

11.すぐに見つけたい場合はCraigslistなどが便利です。

12.現地の知り合いや現地在住の日本人ネットワークを活用するのがいいです。

13.地域のFacebookグループを見て、フラットが登録されているかと確認します。

14.引越し先のエリアを歩いて確認してみます。「For Sale」の貼紙が貼ってあればチャンスです。

15.最悪の場合を考えてBooking.com やAirbnbなどで部屋がない状態がないように保険を見つけておきましょう。

ペットを飼っているなら

16.ペットを飼っている、飼う予定がある場合はしっかりと家主に伝える必要があります。ペットの状況について嘘をつくと、アパートから追い出される可能性があります。

17.可能であれば内見の時にペットも連れて行きます。ペットが隙間を通れるかどうかなどしっかりと事前に確認できます。

18.予防接種などを求められる場合もあるので、しっかりとペットのケアをしておきましょう。

19.ペットを連れた場合の家賃や保証金も確認します。ペットがいると家賃などが上がる場合があります。

海外で部屋を探すのは大変ですか?

確かに大変なことかと思いますが、日本と同じでしっかりとエージェントとコミュニケーションをとって確認することで安心して部屋を見つけることができます。

海外にペットOKの物件はありますか?

むしろ海外の方が日本に比べてペットOKの物件が多いです。ただし、しっかりと家主に伝えてトラブルがないようにしましょう。

Comments

mood_bad
  • まだ口コミはありません
  • Add a comment